こんにちは!北欧ライフスタイル情報です。

最近は、いろんな人のブログに遊びに行っては「素敵だなぁ〜」と、感じる毎日です。私が主に読むブログは….

「トラベル系(主にバックパッカーで飛び回っているアメリカンの女の子)」「ビジネスキャリア女子系」「海外で子育て中のワーキングママ系(まだママじゃないのに笑)」「料理系(こちらも5人のママのブログ!)」…今度お気に入りブログについてシェアしますね♪

さて!今日は、素敵なグローバル人としての生き方を綴っていこうと思います。グローバル人。響きがいいですね〜とても素敵で私好みな響きです。笑 本当は、「グローバル女子」としていましたが、ジェンダーで縛るのはおかしいと思い、「人」でくくりました。

今日のブログでは、グローバルな視点を持った日本人だけというよりも、グローバルな視点を持った国際色豊かな人にスポットを当てて書こうと思います。

◇人気記事トップ3
[ノルウェーブログ]北欧の中でもカラーはあります!
[ノルウェーブログ]ノルウェー人の英語力とはいかに!?
[ノルウェーブログ]ノルウェーで仕事を探す方法

–目次–

    1. 素敵なグローバル人は挨拶ができる
    2. 素敵なグローバル人は笑顔で人と接する事ができる人
    3. 素敵なグローバル人は自分の意見を論理的に分かりやすく人に伝えられる事ができる
    4. 素敵なグローバル人は自分の価値を見出している、知っている人
    5. 素敵なグローバル人は自分を大切にしている(付き合っている友達、恋人からも大切にされる人)
    6. 素敵なグローバル人は一瞬の流行りに流されない
    7. 素敵なグローバル人は一般常識が備わっている

     

    素敵なグローバル人は挨拶ができる

    そう、ただの挨拶。私たち日本人は、挨拶なんて幼稚園の時から叩き込まれましたよね。起立、きよつけ、礼。今思えば、小さい頃から協調性を持つ事を、これでもかというほど叩き込まれた気がします。が、今日はその事についてではなく「挨拶」について。私が見てきた、素敵なグローバル女子は、みんな自ら挨拶をします。何かしてもらえば、すかさず「ありがとう」と、感謝の意を伝えます。さらに、ポイントが高い人は「こんなにも気を使っていただいて、とても嬉しい。ありがとう」と、前置きまでしっかりと付け加えます。外国に行った時、流暢に話せない言語であっても、挨拶さえ覚えれば自然と歓迎されている雰囲気を感じます。挨拶って大切。素敵なグローバル人は、みんな挨拶上手です。ちなみに、ノルウェー人はアメリカ人並みにハグはあまりしません。しかし、何かをプレゼントしたり、良い事をしてあげた時、誕生日の時などはハグをする人が多いと思います。

    素敵なグローバル人は笑顔で人と接する事ができる

    グローバルな世界で生活・仕事をしていると、極度に緊張してしまったり、ストレスを感じてしまう事もあります。ほんの小さな事でも、自国ではない分色々と不安に思うものです。そんな中、どんなにストレスを感じていてもいつも「笑顔」を絶やさないグローバル人は、強いなぁ〜と思います。プレッシャーの中でも笑顔になる事で、周りを味方につけ自分を落ち着かせる事ができる。ある意味笑顔でいる事は、グローバル社会を生き抜く上で、とても重要なスキルなのかもしれません。

    素敵なグローバル人は自分の意見を論理的に分かりやすく人に伝えられる事ができる

    論理的に話すことに対して、多くの日本人は苦手意識が強いのではないでしょうか。私もそうです。実際に、論理的に話を組み立て、相手がわかりやすいように説明する練習をどのくらいこなしてきたでしょう。私自身、欧米人と比べるととっても少なかったんだろうなぁと思います。起承転結のある、物語を作るなど、読み書きはあったのだけど、実際に論理的に相手に伝える作業はしてこなかったと思います。グローバルで戦うためには、論理的に話し相手に理解してもらわないと戦っていけません。論理的に考えて話し合いをする授業を、義務教育のシステムに導入するべきだと思います。

    素敵なグローバル人は自分の価値を見出している、探している、知ろうとする

    グローバルで活躍している素敵な人を見ると、多くの人が自分の価値をしっかりと見出そうとしているように思えます。もちろん、「外側は自分の価値を見出せているように見えるかもしれないけど、家では思うようにいかなくて泣いていたりするんだよ。」と、話してくれたノルウェー人もいましたが、基本的には人として・会社の一員として・社会の一員として自分がどのようにインパクトを与えるべきなのかを考えている人が多いように思います。例えば、「人間としてもう少し、体を動かして、リラックスできる時間や空間を作ろう」「会社の一員として、今自分に与えられた仕事をしっかりとやり遂げて、会社のためになろう」「社会の一員として、環境について考えよう」などです。どんなに小さな事でもいいのですが、グローバル規模で自分が社会に与えられる価値を意識している人は多いように思います。

    素敵なグローバル人は自分を大切にしている(付き合っている友達、恋人からも大切にされる人)

    多様性の中で生活をしてきた人は、「人は人」「自分は自分」というように、自分と相手をそれぞれ尊重している人が多いように思います。また、人間はつい優劣をつけたがりますが、多様性の中で優劣をつける事は、ある一定の基準がないと難しいと思います。例えば、日本人だと細身の人が男女共に圧倒的に支持を得ています。そうなると、少しでも太っていると、それが悪い事であるかのようなレッテルを貼られ、そこで優劣が発生します。これをグローバルの視点で見ると、ただ単に細身である事はあまり評価されない国もあります。多様性の中で生きるためには、まず自分自身を受け入れ大切にする事から始まり、そこから自分の周りの人も大切にできるんだと思います。

    素敵なグローバル人は一瞬の流行りに流されない

    日本ほど「流行り」が莫大な経済効果を生む国はない気がします。上のパラグラフでも書きましたが、自分の事を受け入れ、自分自信を受け入れている人は、一瞬の流行りにあまり左右されず生きているように思います。それがファションであっても、食事であっても。バナナが体にいいと一度テレビで放送されれば、翌日にはバナナがスーパーから消えてしまうという現象。メディアを鵜呑みにして、全てを信じ込む不思議な国民性は研究対象としてはいいかもしれません。

    素敵なグローバル人は一般常識が備わっている

    最後に、グローバルで生きている人は大抵いろんな知識を持っている方が多くて、私が至らない時も優しく教えてくれます。そんな時も、自分も一粒の情報もこぼさないように聞き入るし、興味が湧いてくる。興味が湧くから質問をすると、嬉しそうにまた話をしてくれる。逆に、自分の国の文化や言葉、社会問題に対しても質問を受ける。そんな毎日のおかげで、ようやく私の中のグローバルな一般常識とは何かがわかる気がしました。

    にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 海外生活ブログへ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中