こんにちは!北欧ライフスタイル情報です。

ノルウェーは、人間が人間らしく生きていける国だなぁとつくづく思います。

ノルウェー人は、自然と共に生きているように思います。

冬には冬の楽しみがあって、(もっぱらスキー笑)
秋には秋の風情を感じ(スキーへ想いを馳せながら過ごす笑)
夏は思いっきりパーリーピーポー化し(人によります笑)
春には、もはや夏気分。(湖で水泳を始めます。笑)

仕事も、そこそこにプライベートの生活をしっかりと
楽しみます。
家族との時間もちゃんと確保します。
自分の趣味の時間も勿論あります。

これって、特別な事なのでしょうか。。。

日本人に言うと、うらやましがられるノルウェー人の暮らし。

でも、日本では本当に不可能なのでしょうか?

日本人は、「声を上げる事をあまりにも恐れている気がするんです。」
残業にしても、有給休暇にしても、時短、育児休暇、長期休暇…
人生のコントローラーは自分自身なんだから。

私が言いたいのは、自分の人間の権利は
ちゃんと主張すべきであると言う事。
そして、ノルウェーが羨ましいと思うのであれば、
ノルウェーのような住みやすい国に、
(少なくともノルウェー人は住みやすいと思っている)
日本を変える事は出来ないのでしょうか。

プレミアムフライデーとか、
時短勤務とか
ワークライフバランスとか、
色々言ってますが、現場の一人一人の捉えようって
本当にギャップがあるように感じます。

好き勝手にしろと言うのではなく、
みんなが生きやすい、働きやすい、子育てしやすい
国にシフトしていかないと、日本は絶対に
いい方向に向かっていかないと思うのです。

北欧は、人口がもともと少なく、
女性たちの力を借りないと国が機能しなため、
女性も働きに出る=家事育児は女性の仕事ではない
と言う式は簡単に出来上がります。

お互いが自立してみんなで国を支えれば、
ある一点に集中しているストレスを緩和できるのかなぁと。

専業主婦と言う概念・・・北欧ではほぼ皆無です。
ヨーロッパでも、共働きは当たり前になってきていると思います。
この言葉自体死語な気がします。
ある一定の期間までは、赤ちゃんにとって母親はとても大切です。
でも、ある期間を過ぎてからは、子供も幼稚園と言う場所があります。
(幼稚園不足問題はまた別の問題)
女性も、家事育児を一挙に引き受けず、パートナーと半々に
出来ないのでしょうか。。。
(会社の理解と協力も必要)

「日本は生きにくい〜」って言って海外に出てくる人と
たくさん会いますが、、、
実は聞く度にとっても悲しくなったりします。。。

本当はみんなどう思っているのでしょう。。。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へ
にほんブログ村

広告

3件のコメント »

  1. 日本はノルウェーと違って資源が無いので、同じような生き方をするのは無理ですね。日本は人が資源なので働くしかないです。

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中