こんにちは。北欧ライフスタイル情報です。

今日は、お友達のブラジル人のお話をさせてください。

彼女は、ブラジルの大学を卒業してから1年間は、バックパッカーで世界の旅を
1年間したことがあるそう。

そのあと、ノルウェーに来ることを決めて、
最初の一年はノルウェーの一般家庭で、
住み込みで赤ちゃんのお世話や家事などをしていたそう。

この制度、Au Pair(オーペア)と言います。
恐らく日本人でもしてる人、いると思う。
5年前くらいはアメリカとかで人気だと聞いた事があります。

ちなみに私の友達で、このブラジル人の子以外にも、ラトビア人の子がこの制度を利用していました。

私はこの制度、とってもいいと思うんです。
特にノルウェーにてオーペアをする事は、とてもいいなぁと思うんです!!

その3つの理由をあげます。

1、現地の人と触れられる。
ノルウェーは日本よりもプライベート重視です。会社の人も、あまりプライベートな事を話しません。ちょっとしたランチブレイクなども、当たり障りのない感じ。アメリカなんかとは、全然違うきがします。
…なので、「実際、ぶっちゃけどうよ?」って思う所は、あまり聞けなかったりします。
だから、よくも悪くも実際の生活が垣間見れないのです。
アパートに住んでいても、隣の人が誰なのか知らない人も、
実は結構います。引っ越しても、ご近所に挨拶などはあまりしないようです。

2、生きたノルウェー語を覚えられる。
お母さんが子供にノルウェー語で話すのを、第三者から見ることによって、
比較的優しめノルウェー語から、なれることができるのではないかと思います。

3、コネクションが作れる。
これは、実はノルウェーではとっても大切なこと。
現地の学校や組織に関わる事は、お友達やコネを作る上でとっても大切です。
この、コネは仕事探しでも、とっても有利に働きます。
「そういえば友達のところが、今ヘルプ欲しいらしいけど、どう?」
なんて話から、正社員につながることもしばしば。
オーペアをすることによって、ノルウェー人二人に(もしもノルウェー人家庭ならば)
必ず会えるわけだから、そこからコネを広げることも可能だと思います。

語学学校や大学の友達=自分と同じ身分=学生=コネはそんなにない。
ですが、オーペアの場合
パパ・ママ(基本的にに共働き)=社会人=いろんな繋がりがある=コネができやすい。

という構造になるのかなぁと思います。

ノルウェーで生きていくためには、コネが必要です。
絶対ではないですが、ノルウェー社会ではあった方が生きていく上でとても助かります。

ワーホリや留学を考えている方、
オーペアなんてどうですか?

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中