こんにちは。@hokuoustyleです。

このタイトル…今までの記事全てに喧嘩を売っているような感じですが…負けじと始めます。笑

さて、ノルウェーでは一日7.5時間×5日が法律上定められています。給料もその時間分(年間契約)だけでます。交通費とか住居手当は基本的には出ません。(国外からの引越しを伴ったり、営業で車が必要な人は別途契約があります。)

多くのノルウェー人は基本的に、7時か8時頃出勤し、11時か12時頃にランチをし、15時か16時には帰路につきます。ラッシュも、朝7−8時、15-16時が普通です。多くの人は通勤時間も勤務時間と換算されるので、会社にいる時間は7.5時間でない人は多い気がします。

ざっと時間と人の動きだけを見ると、みんな7.5時間労働をしっかりと保っているのだなぁと思っていました。でも、本当に7.5時間だけで、全ての業務をこなす事は必要なのだろうか…?特に、マネージする範囲が広範囲になればなるほど、時間ももっと必要だと思うのだけど…?と思い、ノルウェー人にインタビューしてみました。

1人目は、物流部の一番トップとして役員を務める女性で、ティーネイジャーの娘さんがいるアストリッド。彼女は基本的には7時に出社しています。子供がある程度大きいので、帰宅時間も娘さんの夜ご飯に間に合うように帰るのだそう。彼女によると…「だいたい社内での就業時間は8時間前後。その後はすぐ帰宅するわね。帰宅後はご飯を作って、家族でご飯を食べた後、また翌日に向けて仕事を続ける日がほとんど。でも、自分がやるべき事(=仕事)と自分がしたい事(=家族で食事をする)事ができているから、全く苦ではないわよ。むしろ、楽しいわね。」との事。

2人目は、イングン。彼女は、人事部で働いていて基本的に役職が高い人を、インターナルでリクルーティングしているのだそう。「2週間以内でこのデリバリーが欲しいという要望が来る時は、特に忙しくて寝る時間なんて毎日4時間だった事もある。一日13時間働いた事もあったけど、ある程度落ち着いたら、働いた分を取り戻すように半日だけ出勤したり、早めに退社したりしてるよ。そこが、フレキシブルだから負担になっていないのかも。自分に合わせて働き方を変えられるからね。ちなみに残業をいくらしても、残業代は出ないよ。年間契約だし、もともと残業代も含まれている給料だから。でも、私の姉は去年子供を産んで今は幼稚園に預けているのだけど、幼稚園の送り迎えの時間は決まっているから、そこを軸に全てスケジューリングしているって言ってたよ。」との事。

上記の2人からわかる事は、

「ノルウェー人も実は残業している人がかなりいるという事!今まで働いてないとか言ってすみません。笑」
「ただ、残業する場所が会社なのか家なのかの違い。」
「会社に出勤して仕事をするのも、家で仕事をするのも自分の選択。」

∵実際プロジェクトが、期日に間に合わない事は少なくありません。でも、だからクビとはならず、今の状況をよりよく効率よく仕上げられるかという方向に話が進みます。「北米ではそんなヤツ速攻クビだけどな。」byカナダ人同僚笑

 
今回気づいた事は…

会社に勤めていても、常に選択できる自由があるという事は、仮に長時間労働を余儀なくされても、ワークライフバランスが取りやすいのではないかなぁと思いました。時間だけを短くしても、仕事の量に変わりはないのだから、せめて自分のライフスタイル(小さい子供がいる人や、両親の介護をしないといけないなどなど…)に合わせた働き方ができたら、それが一番なのではないかと思います。

最近、日本でも在宅ワークなど増えているようですね!ワークライフバランスは、人それぞれ。いろんな働き方があっていいと思います!

にほんブログ村 海外生活ブログ ノルウェー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中