こんにちは! 北欧ライフスタイル情報 です。

 

Happy International Womens’ day!

会社でたくさんの男性に祝ってもらえました。今日は、インターナショナルウィメンズデイです。ニューヨークから広まったこの日は、女性の社会的地位向上や平等を求める運動がきっかけで設立された日だそうです。

私が今住んでいるノルウェーでは、世界的に見ても男女平等先進国と言われています。”女性は家で子育てすべきである”と言う考え方や、”女性だから〜だ”と言う、昔ながらの固定概念はもはや存在していないかのように感じます。レディーファーストさえ、嫌がる女性もいるほどです。そんなに平等が徹底されていると、ジェントルマンの国で育った男性は対応に困っちゃうそうです。笑 郷に従うしかありません。

ノルウェーに3歳の時に引っ越して来たエチオピア人の同僚とこの日について話しをしました。彼女は、「インターナショナルウィメンズデイは、もっとアクションを起こしていかないとね!!!」と言っていました。「アクション?どんなアクション?」と聞くと、「この日だけは、女性は自分のしたい事だけをして自由に生きる!会社を休むのは、当然!」との事。なぜこの意見が生まれたかと言うと、女性が一斉に会社を休む事で、会社には男性だけで回さないといけないので、かなり負担がかかる=女性の重要性を身をもって実感できるからだそう…。なるほど。笑 インターナショナルメンズデイもいずれ出てくるのかなぁ。とついつい思っちゃいます。

生物学的に、男女が平等になる事は不可能です。男だから、女だからと言う前に、結局は人間としてどうすれば人間(男も女も)みんな気持ちよく地球人として過ごしていけるのかが大切だと思います。もちろん、それが簡単だったら誰もこんな議論していないと思うのですが。性別だけでなく国籍に関しても言える事です。

ただ、ノルウェーの男女平等は、社会的地位や家事育児分担という面ではほぼ平等に参加するチャンスがあります。しかし、実は給料って男女で違う事をご存知でしたか。先日、新聞に載っていました。これだけ、男女平等を主張している国でも給料となると男性の方が上なのです。変な話です。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中