ノルウェーの医療って整っているんでしょ?よく聞かれます。

ん〜…時々答えに困ります。

まずは、システムからご紹介しますね。まず、ノルウェーでは留学生であっても、ノルウェーで結婚した外国人であってっも、個人ナンバーが付与されます。その個人ナンバーは、銀行口座を開くときも、年金、税金カードを受け取るとき、仕事での契約書などなど、ほとんどの正式書類には必要不可欠なナンバーです。そして、そのナンバーが付与された全ての人には、自分のファミリードクターを決める権利が与えられます。自分の近くにあるクリニックのリストの中から選ぶ事ができて、確か1年に3回まで変更可能だった気がします。

緊急時以外は絶対このファミリードクターの診察を受けなければなりません。更なる検査が必要だと判断された場合は、ファミリードクターから紹介状を受け取り、詳しい検査に行きます。まず、ファミリードクターに予約を入れる時点で、軽く2週間は要します。そして、精密検査が必要な場合はさらに時間を要します。風邪をひいても、かかりつけドクターに診てもらうのに、そんなに時間を要していたら、治らない風邪もすぐ治る気がします。笑

私は、風邪をひいたら自力で治す人間です。ただ、最近肌にほくろのようなできものができていて、気になっていました。ぷちっと小さいんですが、ピンク色だったものが少し茶色がかってきたので、今回ノルウェーで検査してもらう事にしました。

上記に書いた通り、本来ならばファミリードクターに相談するのが普通なのかもしれませんが、今回私は薬局で検査してもらえるという情報をゲットしました!(⁂検査の機会がある薬局とない薬局があります)そこで、検査機械のある薬局に行ってみました。受付は10-16時で、その日に行って、すぐ検査してくれます。(検査自体は10分ほど)

検査自体はかなり簡易的です。最初に、いつ頃にできたのか。かゆみはあるか。以前とどう変わってきたのか。などなど質問され、いざミニカメラを出来物にあてて、スキャンしてもらいました。自分の検査ナンバーをもらい、後日SMSにて、結果がチェックできるURLを送ってくれます。

約1週間後に結果が届きました。結果は異常なしでしたが、今後気になる事があれば、ファミリードクターに相談した方がいいかもとの事でした。あとは、冬場にビタミンDをなるべくとるようにしてくださいとの事…。オスロにきて、太陽が出てるのであまり気にしていなかったのですが、やはりここは北欧。トランを飲もうか検討中です。

と、こんな感じです。今まで1度だけ、緊急検査をしてもらった事がありますが、その時は土曜日でドクターが少なめでした。そのおかげで、受付から6時間は病院にいました…。費用についてですが、ある一定の値段までは100%自己負担です。ある一定の値段を超えると、全て国が負担してくれます。重病にかかった場合はとても助かる制度ですが、骨折などは場合によっては全額負担だったり…きわどい所です。

個人的には、日本の3割負担制度結構好きです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中