ノルウェーに留学しようとしている方へ

ノルウェーの大学・大学院に留学しようとしている方へ

⑴授業料
お隣のスウェーデンと違い、ノルウェー人も外国人もセメスターフィーのみ支払う義務があります。

⑵文房具
物価の高いノルウェーでは、全てが高くつきます。100円均一ストアーなどで買える、コスパ良しのハイクオリティープロダクトは、日本で大量購入する事をおすすめします。

⑶教科書
教科書代が半端なく高いのです。普通に1学期2〜3万円した事を覚えています。
◆tips◆
同じ授業をとっていた先輩に安く譲ってもらう。
Kindleなどでダウンロードする。
大学の図書館で教科書のpdfファイルをコピーする。(かなり時間がかかって結構恥ずかしい。笑)
finn.no/学生同士のFBページで中古を探す。
などなど…新品を買うよりよっぽど試す価値ありです。

⑷学生寮
私のクラスメートは、寮の子が何人かいました。基本的に男女兼用です。この事実に結構驚かれますが、トイレが男女兼用が普通の北欧では、学生寮も普通です。私のロシア人の友達(女)は、男3人女1人の究極部屋でした。

⑸交通費が高い
全ての寮が学校に近いとは限りません。時には、バスで通わないといけない学生もいます。公共交通機関は、学生割引もありますがそれでも高い…。
交通費が気になる方はこちらから

⑹ノルウェー語クラス
ほとんどの大学で、ノルウェー語クラスが開講されています。単位に関わらず、受講する事をおすすめします。大学によって、力を入れている分野(文法なのか、会話なのか、文学なのか…)が違うようですが、いずれにせよ、ノルウェーで暮らしているのだから取らない理由はありません。語学学校でノルウェー語コースを取ろうとすると、かなり高額です。大学には比較的にいい先生が揃っています。是非、ノルウェー語、トライして見てくださいね。

⑺食堂を使いまくる
学生食堂やカフェがかなりオシャレです。値段も学生価格。週末まで学校に行きたくないと思っているかもしれませんが、利用する事をおすすめします。雰囲気と値段バッチリです。ただ、オープン時間が短いです。

⑻コネ(友達)を作りまくる
コネがないと、どうにもこうにも難しい社会、ノルウェーです。ぜひ、お友達をたくさん作ってください。

⑼正規生には2種類ある事を知る。(大学は基本的にノルウェー語です。)
正規生(大学院)には、英語コースとノルウェー語コースの2つがあります。どちらにするにもクリアすべきテストがあります。
◆ノルウェー語コース◆
今後ノルウェーで生活をしようと思っている方には、多少大変ですがノルウェー語コースをおすすめします。
理由…
①ノルウェー人のコネ(友達)を作れる。ノルウェー社会で生き残るには必要不可欠です。
②ノルウェー語上達。
③北欧諸国の言語の文献を読ませられます。または、教授が北欧諸国の先生だったりして、他諸国語を、嫌でも勉強せざるを得なくなります。(方言も然り)
◆英語コース◆
ノルウェー人学生が極端にいません。英語の環境でブラッシュアップしたい方にはおすすめ。また国際色豊かなクラスメートと、国際感覚を身につけることができます。授業料激高のアメリカで学ぶよりもノルウェーの英語コースで勉強した方が経済的です。

⑽日本とはかけ離れた環境
日本では体験できないように体験ができる事間違いなしです。そして、気候が厳しいため精神的に鍛えられます。笑

ノルウェー留学がどんな感じ?
ノルウェー語に触れたい!
ノルウェー語ってどんな感じ?
ノルウェーの文化・人ってどんな感じ?

と、いう方にSkypeもしくは対面でレッスンをご提供しております。

ご希望の方は、当ウェブサイトもしくは、フェイスブックのメッセージよりお気軽にお問い合わせください♫

広告